1 :れいおφ ★@\(^o^)/:2014/11/19(水) 12:50:54.32 ID:???0.net
メキシコのシンクタンクが先日、世界で最も危険な都市ランキングトップ50を発表した。

そのうち、上位を占めた都市の多くはラテンアメリカ地域に集中している。
だが、「世界で一番治安の悪い都市」と悪名高いヨハネスブルグが意外にも落選したことに、
南アフリカの関係メディア及び現地住民は不満を示した。

ランキングには各都市で起こった10万人あたりの殺人件数によって順位付けされた。
だが、統計対象の中には、戦乱が起こった地域にある都市や統計データのない都市は含まれない。

ランキングでは、ラテンアメリカが世界で最も危険な地域で、
米国の4都市は世界で最も危険な都市ランキングトップ50に入り、ランクインした唯一の先進国になった。
また、治安が良好な欧州、アジア、オーストラリアで選出された都市はない。

ランキングによると、治安が悪いアフリカ地域からは南アフリカの3都市だけが選出された。
そのうち、南アフリカのケープタウンが20位、ポート・エリザベスとダーバンはそれぞれ41位と48位にあたる。

このランキングに対し、南アフリカの関係メディア及び南アフリカ人は「受け入れられない」と不満を示した。
関係メディアによると、ケープタウンは南アフリカ地域で治安が最もよい都市の一つであり、
南アフリカ国内でも危険都市の上位には入らない。

また世界的なランキングでヨハネスブルグを抜くとは信じられない。

一部の南アフリカ人は「ヨハネスブルグが落選すると思った人はいないはずだ」と不満を抱き、
「アフリカに対するラテンアメリカ人の理解が不足している、これはねつ造だ」という人もいた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9484538/


ネタ元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416369054
続きを読む