一番うまいMCランキング トップはタモリ 2位は上田晋也 3位中居正広


1 :名無しさん@涙目です。:2018/10/21(日) 13:11:52.77 ID:GMmjkNQA0.net ?PLT(16930)
http://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
最近はアナウンサーだけでなく、タレント、俳優、お笑い芸人がテレビ番組のMCを務めることも少なくありません。では、
特にMCがうまいと思われているのは一体誰なのでしょうか。
そこで今回は、一番うまいと思うMCについて探ってみました。

1位タモリ101票
2位上田晋也 くりぃむしちゅー 100票
3位中居正広 94票


4位明石家さんま 88票
5位安住紳一郎 TBSアナウンサー 83票
6位マツコ・デラックス 82票
7位浜田雅功 ダウンタウン 72票
8位内村光良 ウッチャンナンチャン 69票
9位有吉弘行 61票
10位所ジョージ 51票

11位設楽統 バナナマン 46票
12位加藤浩次 45票
13位今田耕司 38票
14位櫻井翔 嵐 36票
15位村上信五 関ジャニ∞ 35票
15位池上彰 35票
17位松本人志 ダウンタウン 33票
18位田村淳 ロンドンブーツ1号2号 30票
19位後藤輝基 フットボールアワー29票
20位坂上忍 28票

https://ranking.goo.ne.jp/column/5449/

続きを読む

広島が2年ぶりに日本シリーズへ 年俸ランキングでわかる巨人コスパの悪さ 3億円プレーヤーら不発〈dot.〉


1 :鉄チーズ烏 ★:2018/10/20(土) 08:17:23.05 ID:CAP_USER9.net
 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで19日、リーグ覇者の広島が5―1で3位巨人に勝利。3連勝で2年ぶり8回目の日本シリーズ進出を決めた。今年も日本シリーズを逃した巨人だが、広島と較べれば、コスパの悪さは一目瞭然。両チームの年俸ランキングから分析してみたい。


* * *
 セ・リーグで巨人に次いで2球団目となるリーグ3連覇を成し遂げた広島。ただ、球団別の18年度年俸総額では、広島は12球団中6位(20億9348万円)で、2位の巨人(38億9195万円)に比べればはるかに少ない(労組日本プロ野球選手会調べ、選手会入会者のみ)。

 広島の日本人選手の年俸トップ3は、丸佳浩(2億1000万)、菊池涼介(1億9000万)、田中広輔(1億4000万)。いまや赤ヘル打線の代名詞となった「タナキクマル」トリオだ(年俸ランキング表参照)。

 なかでも丸は、打率.306、本塁打39本の活躍でMVP候補にあがる。今季に国内FA権を取得しており、FA宣言すれば複数の球団が獲得に名乗りを上げることは確実だ。

 田中広輔は打率.262で、昨年の.290に比べて若干数字を落とした。1番打者の数字としては少し物足りないように見えるが、田中の強みは選球眼の良さにある。今季はリーグ8位となる75四球、さらに死球は同2位の17で出塁率は.362。盗塁も2位の32を記録した。

 一方、不振に苦しんだのが菊池だ。打率.233で出塁率も.301と低迷した。ただ、犠打はリーグトップの30を記録、走者を次塁に進める進塁打も多かった。もちろん「忍者」と呼ばれる守備で何度もチームの危機を救った。

 CS第1戦でも、タナキクマルが光った。1回裏、先頭打者の田中が四球で出塁すると、2番菊池がバントの構えも見せながらヒットエンドランを成功させて無死一、三塁に。そして丸のセカンドゴロの間に1点を先制した。長打力だけではなく、こういった小技の連係プレーで点が取れるのも広島の強さだ。

 得点力の高さを象徴する数字がある。近年の野球では、ヒットと四球はほぼ同じ価値とみなし、打率よりも出塁率が重視されている。今季の広島は、その理論を証明するシーズンだった。

 広島のチーム打率は.262のリーグ3位。本塁打も175本で2位だった。ところが得点は1位の721で、2位のヤクルトより63も多い。その差に何があるのかというと、四死球である。広島の四死球は1位の701(2位のヤクルトは641)。その結果、チーム出塁率は1位の.349だった。なお、巨人のチーム打率は.257、本塁打152、四死球527、出塁率.325、得点625。打率は5厘しか差がないが、四死球数と本塁打数で広島が巨人を上回り、得点数の差につながった。

 その高いチーム出塁率を得点に結びつけたのが丸であり、若き4番の鈴木誠也(9000万)だ。丸のOPS(出塁率+長打率)はリーグ1位の1.096、鈴木は同2位の1.057。OPSは.900で球団主力級、1.000を超えるとMVP級とされていて、広島は打者だけで2人のMVP候補がいることになる。ちなみに丸の四球数は130でリーグ1位、鈴木誠也は88で同3位だった。

 さらに、5番以降にも松山竜平(6500万)、今季ブレークした野間峻祥(1600万)らが控える。捕手でも、106試合に出場した会沢翼(5000万)が打率.305の活躍で、1番から8番まで弱点のない打線となった。

 巨人では、今季は坂本勇人(3億5000万)が打率.345と活躍。ただ、ケガの影響で109試合の出場にとどまった。 マシソン(3億6800万)も膝の故障で7月下旬から戦線離脱。高橋由伸監督にとって、投打ともに台所事情の厳しい試合が続いた。

>>2以降に続きます

10/19(金) 17:40配信 AERA dot.
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00000057-sasahi-base
?update=20181019224405

続きを読む

一刻も早く水着写真集が望まれるハロメンTOP10


1 :名無し募集中。。。:2018/10/19(金) 11:07:00.87 0.net
1位 笠原桃奈
2位 小関舞
3位 浅倉樹々
4位 中西香菜
5位 段原瑠々
6位 小片リサ
7位 加賀楓
8位 小野田紗栞
9位 勝田里奈
10位 広瀬彩海

続きを読む
記事検索
アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ